世界50言語以上に対応する「通訳」デバイス POCKETALK™(ポケトーク) ポケトーク(専用グローバルSIM2年間利用付き)を1名様にプレゼント

片手に収まるポケトーク。ノイズキャンセル機能搭載の内蔵デュアルマイクとダイナミックスピーカーで言語明瞭!
©SOURCENEXT CORPORATION ©Travis the Translator. All rights reserved.

海外からの訪日客は、年間2,400万人。出国日本人数も1,700万人を超えている(ともに2016年、観光庁調べ)。グローバル化の波は、もう押し止めようがない。こうなると、英語を習得するだけでも大変なのに、多言語化に対応することなど夢のまた夢。一方で、翻訳ソフトが発達し、音声認識機能も急速に進化している。そこに登場したのがハンディタイプの「通訳」デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」。これは使えそうだ。

このサイズで50カ国語以上の言語に対応するというから驚く。

音声認識の進化

最近の音声認識ソフトの進化には驚かされる。スマホに声を掛けるだけで、目指す相手に電話をしたり、目的地までの地図を取り出したりできる。この便利さは驚異的だ。さらに、Transcription(音声をテキストに変換する)の精度の高さは、まさにAI(Artificial Intelligence、人工知能)を思わせる出来の良さ。翻訳ソフトやディープラーニング(Deep Learning、深層学習)の機能が組み合わされると、他の言語への翻訳もかなり正確、かつ迅速に行えるようになってきた。

早速、ポケトークをインドネシアに持って行ってみたところ、Wi-Fi環境が不安定でも「専用グローバルSIMカード」を使用することで、インターネットに接続できる環境さえあれば機能した。

手のひらサイズの通訳デバイス

こうした音声認識機能の進化を背景に、各種の翻訳ソフトを組み合わせて、いち早く「通訳」デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」の発売を開始したのがソースネクスト株式会社。縦110×横60×厚さ16mm、重さわずか90gという手のひらサイズのコンパクトなもので、世界50言語以上の相互通訳が可能。動作環境はスマートホンなどでおなじみのAndroidがベースとなっているため、対応言語などが常にアップデートされるというのも嬉しいところ。

ポケトークはオランダのTravis社との共同開発。タッチパネルのボタンはわずか5つ。ディスプレイは1.3インチの大きさ。本体のみ24,800円(税別)。

Wi-Fiだけでも使えるが、専用のグローバルSIMカード(ソラコム社製)をセットすると、世界62カ国で2年間、3G回線があれば自由に通信できる。 SIMのみ10,000円(税別)。デバイスとセットの場合29,800円(税別)。SIMは利用期間終了後、延長も可能。

語学の勉強にも役立つ

早速、お借りして試してみる。日本語で話し、英語に訳させると、音声と同時に、画面に翻訳された文字が表現されるので、どのように伝わっているのかテキストで確認できて安心。英語で話し、日本語に訳させてみると、かなり明瞭に対応する。こちらの発音がおかしいと翻訳までおかしくなるので、発音の勉強にも役立つ。ポケトークは「通訳」デバイスとしてだけでなく、発音の練習デバイスとしても大いに役立ちそうだ。

充電用USBケーブル(USB-A ⇔ USB microB)が付属しており、動作時間は待機時約5日間、連続翻訳時約6時間。

「2001年頃から、言葉の壁をなくす製品を提供したいと考えていましたが、ようやく実現にこぎつけました」と松田憲幸社長。2020年までに50万台の販売を目指している。

言葉の壁がなくなる

「ポケトーク」を発売したソースネクストの松田憲幸社長は「開発にはずみがついたのは、2017年6月に米国の語学ソフト会社、ロゼッタストーンの日本法人を傘下に置いたこと」だそうだ。時間とお金をかけて語学を習得することも大事だが、それだけの時間とお金をかけられない人たちもたくさんいる。「私たちは、そういう人たちにも使えるものを用意して、言葉の壁をなくす必要性を痛切に感じました」と製品化の動機を語る。そのせいか、個人需要もさることながら、企業やお店、ホテルなど、接客を必要とする法人需要の大きさに驚いたそうだ。

ソースネクスト株式会社のヒット製品、セキュリティ対策ソフト「ZEROウイルスセキュリティ」(1台用・税別1,980円)。
こちらはその高性能版「ZEROスーパーセキュリティ」(1台用・税別3,980円)。
年賀状ソフトの「筆まめ」(税別5,980円)。同社は2017年5月に株式会社筆まめを子会社化している。
年賀状の作成・印刷・住所録作成ソフト「筆王Ver.22」(税別3,980円)。同社が扱う「筆まめ」「筆王」「宛名職人」の合計シェアは70%を超えている。

「理想の企業」を目指す

ソースネクスト株式会社は、IBMに勤務していた松田憲幸氏が「働くのに理想的な会社は自分で作るしかない」と1996年、31歳のときに創業したもの。その理想とは「毎日、会社に行くのが楽しくてしようがなくなるような会社」だった。わくわくしながら働き、自分も企業も成長を重ねていく。やりがいを超えて、仕事そのものが生きがいとなるような企業だった。ミッションは「製品を通じて、喜びと感動を世界中の人々に広げる」こと。ビジョンは「世界一エキサイティングな企業になる」ことである。「ポケトーク」には、そんな思いも込められている。

「We Source What’s Nextがわが社の合言葉。常識を変えていくのが仕事です」と松田憲幸社長。世界を舞台に飛び回っている。

●「ポケトーク」の問い合わせ
ソースネクスト株式会社
Tel. 0570-035-333 平日10:00〜18:00
http://www.sourcenext.com/product/pocketalk/
●オンラインショップ
http://www.sourcenext.com/eshop/
●読者プレゼントのお知らせ
エントリー期間中、セゾンカード・UCカードを1,000円(税込)以上ご利用いただいた方で、読者プレゼントにエントリーいただいた方の中から抽選で1名様に、ソースネクスト株式会社の「ポケトーク」(専用グローバルSIM2年間利用付き)をプレゼントいたします。

〈詳細〉
専用グローバルSIM2年間利用付き価格:29,800円(税別)
カラー:ブラック
同梱物:充電用ケーブル(microUSB)/ユーザーマニュアル/スタート・ガイド専用グローバルSIM(2年間利用)
発売元:ソースネクスト株式会社

エントリー期間:2018年2月16日(金)〜2018年3月26日(月)

※当選者の発表は、賞品の発送(2018年4月中)をもってかえさせていただきます。
※(株)クレディセゾンが実施するほかのキャンペーンとの重複当選はございません。

エントリーキーワード/ポケトーク
エントリーはこちら