World Walking Vol.15 Lisbon アズレージョのポットホルダー&コースターセットを3名様にプレゼント

イベリア半島西側、テージョ川のほとりに位置するポルトガルの首都リスボン。長い歴史の中で磨き上げられたこの街は、西ヨーロッパ最古の都市として不思議な魅力を放つ美しい都市です。
温暖な気候のなかで世界遺産を巡る旅や、美味しいポルトガル料理に舌鼓を打つ旅など、日本からの渡航先としても注目が集まっています。今回の滞在では、太陽の光がふんだんに降り注ぐフォトジェニックな美しい街並みを歩いてきました。

アズレージョに包まれる色彩豊かな街並み

リスボンの街を歩いていると、様々な場所で色彩豊かな「アズレージョ」と呼ばれるタイルに出会います。アズレージョは15世紀頃、北アフリカのアラブ人からイベリア半島に持ち込まれたのが始まりだと言われており、教会や宮殿だけでなく一般家庭の外壁や内装にも用いられ、ポルトガル文化の重要な要素となっています。
とくに、教会などのアズレージョは芸術的なものも多く、その異国情緒溢れる美しさに目を奪われます。一方、街並みの中に溶け込む建物のアズレージョは素朴で懐かしい雰囲気を醸し出すものが多く、多彩な色彩と模様を楽しませてくれます。ひとつとして同じものがないアズレージョが歴史ある建物や街並みに見事に溶け込み、素晴らしい景観を作り出しています。

リスボン大聖堂と旧市街の街並みが青空に包まれる美しい景観。
19世紀の貴族の邸宅だった建物を利用したブティックホテル「Palacete Chafariz Del Rei(パラセテ チャファリズ デル レイ)」は、思わず目を奪われる美しさ。
優しいパステル調の壁面と街路樹のある坂道は市民の憩いの場所。
カラフルなアズレージョが古い建物と見事に調和している。
長年の雨風にさらされて色褪せたアズレージョとブルーの窓枠は素朴で懐かしい雰囲気。
ポルトガルを代表するリスボン生まれの画家Carlos Botelho(カルロス・ボテロ)のイラスト看板。

小さな工房で出会う手描きのアズレージョ

旧市街アルファマ地区の路地に工房兼ショップを構える「azulejos de Fachada(アズレージョ・デ・ファサード)」。こちらでは、作家が一つ一つ丁寧に手描きでアズレージョを制作しており、店内ではオリジナルのタイルを販売しています。
ショップの一角では目の前で絵付け作業を行っているので、その繊細な職人技を見学することができます。作家の方とも気軽にお話ができるので、オリジナルの絵柄をオーダーするのも旅の思い出になります。作品に関するお話を伺いながら手に入れた一品は、きっと思い入れの深いものとなるでしょう。お気に入りの柄を見つけて出来立てのアズレージョをお土産にしてみてはいかがでしょうか。

若いアズレージョ作家が1枚1枚丁寧に文様を描いていく。
素焼きの状態に文様を描き焼き上げて完成。文様は伝統的な柄が用いられていることが多いですが、好きな柄をオーダーすることもできます。
リスボンの美しい街並みを生んでいるカラフルな釉薬の数々。
店内にはギフトやお土産にぴったりなアイテムがずらり。
手描きの文様は、色の擦れや濃淡があり素朴で味わい深い仕上がり。
旧市街の路地に構える「azulejos de Fachada(アズレージョ・デ・ファサード)」の工房兼ショップ。

光溢れるとっておきの絶景に出会う

リスボンにはいくつかの絶景スポットと展望台があり、街の様子を様々な角度から眺めることが出来ます。リスボン中心部では建物の高さ制限がされているため、近代的な高層ビルはなく、昔ながらの趣を残した街の景観が維持されています。その為、展望台から眺める景色は壮観で、美しい町並みを遠くまで見渡せます。朝、昼、夕の太陽の向きや、見る方角によって様々なリスボンの表情を楽しむことができるでしょう。
また、公園が併設されている展望台では美しい花や緑と共に絶景を楽しんだり、ベンチに腰掛けてゆっくりとした時間を過ごすことができます。市民の憩いの場としても愛されているので、地元の方との交流もリスボンの楽しみの一つといえそうです。

朝一番の散歩におすすめなのは、街の高台に聳え立つサン・ジョルジュ城の展望台からの眺め。爽やかな朝の空気の中で味わう絶景は格別です。
ポルトガル国旗が風になびく塔の上。(サン・ジョルジュ城)
城壁の内側には立派なオリーブの木が生い茂っており、気持ちの良い場所です。(サン・ジョルジュ城)
数ある展望台の中でも特におすすめなのは「サンタ・ルジア展望台」。川沿いに広がる美しい絶景はもちろんのこと、展望台は公園になっており、ブーゲンビリアを愛でながらのんびりと過ごすことが出来ます。
リスボンの下町「アルファマ」を見渡すことができる。(サンタ・ルジア展望台)
街の目抜き通りカルモ通りに位置し、街の中心からリスボンを眺めることができる「サン・ジュスタ・リフト」。クラシックな仕様のエレベーター2基が交互に展望台へとあがって行く。
サン・ジュスタ・リフトの展望台から見た朝日をたっぷりと浴びたリバーサイド。
中階の連絡橋を渡るとカフェがあり、カフェで景色を楽しむことができる。(サン・ジュスタ・リフト)

ノスタルジックな街並みに誘われて

ポップな色彩が溢れるリスボンの街並みですが、その雰囲気にはどこか懐かしく、ノスタルジックな風情を感じることができます。日が暮れてくると、夕焼けに染まる建物と静かな陰が街を覆い、明るく元気な昼間の雰囲気とは違う表情を見せてくれます。
市内に3つあるケーブルカーの中で最も有名な「ビカ」のケーブルカー周辺では、映画や写真で見かけるようなリスボンの象徴的な風景を見ることができます。狭い石畳の坂道からテージョ川超しに見るサンセットは、思わず息をのむ美しさです。

テージョ川を背景に沈む太陽を眺める細い坂道。夕暮れ時には人々が集まりワイン片手にサンセットを味わう。
古い建物に挟まれた急勾配の坂道を登っていくビカのケーブルカー。
坂道の街リスボンには、建物と建物の間の坂が階段になっており、階段に腰掛けておしゃべりを楽しむ人々の姿を多くみかける。
夕日に染まる丘の上の建物。
ストリートミュ―ジシャンが奏でる「ハンドパン」の神秘的な音色がリスボンの街に溶け込んでいく。

上質なポルトガル料理を堪能する

長い歴史の中で培われた伝統的な調理法や食材を大切に守り、豊かな食文化を形成してきたポルトガル。料理のバリエーションも豊富で、日本人の舌にもよく合うことから、グルメを目的に訪れる人も少なくありません。近海で採れた新鮮な魚介類をはじめ、牛や豚などの肉料理をはじめ、ハムやチーズなどの美味しいものが街に溢れています。目移りしていると、短い滞在では何を食べればよいか迷ってしまうほどです。リスボン市内には、いかにも「街の食堂」といった庶民的なレストランから、前衛的な内装のカフェテリア、新しいポルトガル料理のスタイルでミシュランの星を獲得した高級レストランまで、気分や予算に合わせて幅広く選ぶことが出来ます。

地元の方に「ポルトガルの伝統料理を楽しめる」と勧めてもらった、ロッシオ広場近くの「Solar dos Presuntos(ソラール・ドス・プレズントス)」。気さくながらも丁寧で洗練されたサービスはまさに名店といった風格で、伝統の味を大切にしたポルトガル料理は、創業から40年経った今でも地元の人々に愛されています。
店先のショーケースには、巨大な生ハムのブロックがびっしり並んでおり、オーダーするとその場でカットして提供してくれます。その他、魚介を中心とする新鮮な素材を伝統的な調理法でいただくメニューは、どれも滋味溢れるものばかり。料理に合わせたポルトガルワインと共に、満ち足りたひとときを過ごせます。

ランチ時には満席になる「Solar dos Presuntos(ソラール・ドス・プレズントス」の店内。壁一面にはレストランを訪れた著名人の写真が飾られている。

前菜にはポルトガル名物の濃厚な黒豚の生ハムに、チョリソーとチーズを加えた三種の盛り合わせ。

ポルトガル名物のArroz(リゾット料理)。新鮮な魚介を使った海鮮リゾットはココット鍋で提供され、熱々を楽しむことができる。

ポルトガルの絶品スウィーツ

カスタードクリームをパイ生地に入れて焼く、ポルトガルを代表するスイーツ「Pastel de Nata (パステル・デ・ナタ)」。もともと修道院で修道士や修道女が作ったのがはじまりとされ、日本人にも馴染みのあるエッグタルトの原型ともいわれています。
ポルトガル人に最も愛されている「Nata(ナタ)」はたくさんの専門店もありますが、今リスボンで一番の人気店となっているのがChiado(シアード)地区の中心部、カモインス広場の前に店を構える「Manteigaria(マンテイガリア)」。こちらでは、店内で焼き上げたできたてのナタを1個1ユーロで販売しています。地元っ子で混雑した店内では、ナタが飛ぶように売れていき、多いときは1日に5000個を販売することもあるというから驚きです。朝8時から深夜0時まで営業しているので、コーヒーと一緒に軽めの朝食にしたり、テイクアウトで夜食にしたり、川辺や公園などでおやつに楽しむのもおすすめです。

日本でも人気のエッグタルトの元祖「パステル・デ・ナタ」。
街の中心部シアードエリアに店を構える人気店「Manteigaria(マンテイガリア)」。
店内にはガラス張りの厨房があり、次々と焼き上げられる様子を見ることが出来る。
サクサクのパリッとしたパイ生地にしっとりの滑らかなクリームが絶妙なバランス。甘さ控えめなので大人のおやつにもぴったり。
2個からボックスに入れてくれるので気軽にテイクアウトできる。

情報誌がプロデュースした注目のフードコート

テージョ川沿いのリベイラ市場の中にある「Time Out Market(タイムアウト・マーケット)」は、1968年にロンドンで創刊された「タイムアウト誌」が、リスボンの使われなくなったリベイラ市場を買い取り、観光スポットとして改修したもの。今リスボンで最も注目を集めるフードコートです。
「Time Out Market」にはリスボン市内の人気レストランが多く出店しており、予約の取れない人気店の料理を手軽に楽しめるということで、常に賑わうグルメスポットとなっています。毎日10時から深夜までノンストップで営業しているので、レストランがお休みする日曜日や平日の営業時間外にも便利です。フードコート内にはレストランだけではなく、人気のお菓子店、ワイン店、缶詰店、雑貨店なども充実しているので、お土産探しにも最適です。

広い体育館のような空間をぐるりと囲むようにレストランや店舗が配置されており、中央にテーブル席が設けられている。
「Time Out Market(タイムアウト・マーケット)」の外観は、一部にリベイラ市場の外壁をそのまま使用しており、歴史を感じさせる。
新鮮で種類が豊富な生ハムをその場でカットし、提供してくれるお店。
フードコートには、屋内500席と、テラスに250席が用意されているが、どの時間帯も常に混雑している。
リスボンで一番人気の日本料理店もフードコートに出店している。ポルトガル人が寿司を握ってくれる。
ポルトガルで一番飲まれているビール「Super Bock(スーパーボック)」のブース。ラガーから黒までの各種類をサーバーから提供してもらえる。
積み上げられたカラフルな缶詰が目を引く、イワシの缶詰店「Conserveira de lisboa(コンセルヴェイラ・デ・リスボア)」。パッケージが可愛くお土産にもぴったり。
豊富な種類を誇るポルトガルワイン。試飲しながら選ぶことが出来るワインショップもある。
可愛い紙に包まれたポルトガルの伝統的な焼菓子、「Queijada(ケイジャーダ)」。チーズタルトのようなこのお菓子は日持ちするのでお土産に最適。
本、石鹸、雑貨、食品などをセレクトした、リスボンで一番お洒落な雑貨店「A Vida Portuguesa(ア・ヴィダ・ポルトゥゲーザ)」。

気取らない普段着の街

「サウダーデ(郷愁)の街」と呼ばれるリスボン。街を歩くと素朴でどこか懐かしい、飾らない魅力の詰まった街だと感じます。温暖な気候とリーズナブルで美味しい食事、そして観光客にも大らかな地元の人々。気取らず構えず、普段通りの姿で私達を迎えてくれます。
おとぎ話の世界に入り込んだような古い街並みに癒されながら、地元の人たちと触れ合い、地元で採れた美味しい食べ物とワインをいただく。国際化、近代化された大都市ではなかなか味わうことができなくなった、ぬくもりを感じる旅がしたい方はリスボンでサウダーデに浸るのもおすすめです。

リスボンの南に位置するテージョ川沿いは、水と触れ合える人々の憩いの場。夕暮れが近くなると自然と人々が集まり、4月25日橋(Ponte 25 de Abril)に落ちていく夕日を眺める。

文・写真:早川 七実(はやかわ ななみ) Buyer/creative Director
ファッションから雑貨、食、旅など、ライフスタイルにまつわる商品の買い付けや新規ブランドの立ち上げ、新商品の企画開発など、ブランドのクリエイティブディレクターを務める。
世界をフィールドに様々な人とのコミニュケーションの中で、新しいものや面白い人を発掘し、ものと人を繋げ、ビジネスへと展開している。
SØMME by Nanami Hayakawa/http://nanamihayakawa.com/

●この記事に関するお問い合せ
株式会社ゾディアック Libera編集部
Tel. 03-6380-0530 info@zodiac1987.com
●読者プレゼントのお知らせ
エントリー期間中、セゾンカードを1,000円(税込)以上ご利用いただいた方で、読者プレゼントにエントリーいただいた方の中から抽選で3名様に、ポルトガルの伝統的なタイル「アズレージョ」のポットホルダー&コースターをセットでプレゼントいたします。

〈セット内容〉
伝統的なタイル「アズレージョ」を使ったポットルダー(1個)とコースター(2個)のセットです。ポットやカップを置くだけでなく、パンやチーズ、お菓子のお皿としても使用できます。ポットホルダー、コースターとも裏面にはコルクが貼ってあるため、机を傷つけません。

ポットホルダー×1個(サイズ:約15×20cm)
コースター×2個(サイズ:約9×9cm)
※柄はお選びいただけませんので、ご了承ください。

エントリー期間:2018年2月16日(金)〜2018年3月26日(月)

※当選者の発表は、賞品の発送(2018年4月中)をもってかえさせていただきます。

エントリーキーワード/リスボン
エントリーはこちら