World Walking Vol.9 CANADA TORONTO シャトー・デ・シャーム・ワイナリーのワイン3本セットを3名様にプレゼント

オンタリオ湖から望むハーバーフロント

2017年に建国150年を迎えたカナダ。首都こそオタワに譲るものの、トロントはカナダ最大の都市であり、カナダ経済の中心地でもあります。トロント市民と一括りに言っても、その出身地は100カ国以上ともいわれ、今なお世界中から多くの人々が移り住んできています。“人種のモザイク”と呼ばれるほど人を惹きつけるこの街は、カナダの玄関口だけでなく、誰もが心地よく過ごせる“世界のロビー”を目指しているように感じます。カルチャースポットからナイアガラの滝周辺まで、いまのトロントをご紹介します。

トロントはイサドア・シャープ率いるホテルグループ「Four Seasons Hotels, Inc.」グループの本拠地としても知られる。

街を彩る賑やかな建築群

トロントは「Four Seasons Hotels and Resorts」の創業者イサドア・シャープが、最初に自分のホテルを開設した地としても知られています。彼はトロントのライヤソン大学の建築学科を卒業していますが、街中を彩る建築群は、彼の感性に大きな刺激を与えたことでしょう。街を歩くと、あちこちでユニークな公共建築に出会います。

ひときわ大胆な外観のロイヤル・オンタリオ博物館は、ダニエル・リベスキンドが手掛けたもの。古い建物をそのまま残しながら、増築部分が大きく飛び出した造形は、鉱物の結晶をモチーフにしたそうです。化石などを多く展示する博物館らしいデザインです。

一方、ガラス張りの巨大な船のように見えるオンタリオ美術館は、かの有名な建築家、フランク・ゲーリーによるもの。彼もまたトロント出身の建築家で、スペインのビルバオにあるグッゲンハイム美術館同様、金属の素材を用いながら硬さを感じさせない有機的なフォルムで、彼らしい独創的なファサード(建築の正面部分)を生み出しています。

近代建築以外にも、トロント大学や教会、ディスティラリー(蒸留所)地区に現存するビクトリア時代の産業建築など、街全体がさまざまな時代のアーティストによる建築物の競演で成り立っています。

現在のロイヤル・オンタリオ博物館は1912年に建てられた博物館をベースに、ダニエル・リベスキンドによって新しく拡張されたもの。デザインは鉱物などの「結晶」がモチーフ。
独特の曲線と浮遊感が特徴的なオンタリオ美術館の拡張部分は、トロント出身のフランク・ゲーリーによるもの。
ファサードのガラス張りの内部はホールのようになっており、外光に溢れていて気持ちいい。
ヘンリ・ムーアのコレクションでも知られるオンタリオ美術館。入り口で早速、ムーアの彫刻が迎えてくれる。
Canadian Opera Companyの本拠地「Four Seasons Center for the Performing Arts」は、ジャック・ダイヤモンドの設計。
「空飛ぶ天板」と呼ばれるオンタリオ芸術大学の「シャープ・デザインセンター」。イギリスの建築家ウィル・オルソップによる2004年の設計で、30m×85mの箱が12本の支柱で支えられている。
カナディアン・ウイスキーの蒸留所があったディスティラリー地区には、ビクトリア時代の貴重な産業建築が今も残る。
かつて大英帝国最大の蒸留所だったディスティラリー地区。現在、歴史的建造物の内部は美しくリノベーションされ、お酒や食にまつわるスポットとして人気を集めている。
「泉」はディスティラリー地区にある日本酒の蔵元。カリフォルニア米を使い、この地で作られる正真正銘の地酒だ。寒い時期に飲む日本酒の熱燗は現地でも人気だとか。
1889年オープンの「グラッドストーンホテル」は、トロントで最古のホテル。客室にはトロント出身アーティストの作品が飾られ、アートイベントなどで賑わうカルチャースポットでもある。
当時は特権階級のための豪華ホテルだったため、すでにエレベーターが設置されていた。フレンドリーなスタッフによるマニュアル操作は見もの。
フロアごとに地元アーティストの作品が展示されており、ギャラリーオーナーとアーティスト、ファンとの交流イベントなども盛んだ。
金融街はまた一味違った摩天楼の様相を呈しており、ニューヨークを舞台にしたドラマのロケ地として使われることもあるという。
「Casa Loma」はナイアガラの滝で水力発電事業を興したヘンリー・プラット卿の私邸。建設に3年を費やし、部屋数は100室にものぼるが、この豪邸の建設が原因で破産したというのだから、そのスケールに驚く。

世界中の料理が楽しめる街

多くの人種が集まるトロントのレストランは、およそ7,000軒にものぼります。チャイナタウンで中国語が飛び交う中での本格中華、リトルイタリーでお昼から飲むワインとパスタ料理、ダンフォースのグリークタウンで食べるギリシャ料理のムサカ(伝統的なグラタン)やサガナキ(チーズ料理)など、1日で世界中を旅している気分になります。他にも、インド料理からアルゼンチン料理、メキシコ料理、タイ料理、エチオピア料理など、トロントでは食べられない国の料理はないと言っても過言ではないほど、多種多様なレストランが軒を並べています。

さらにローカルな雰囲気を楽しむなら、ぜひマーケットへ。200年以上にわたって地元の台所として賑わってきた「St. Lawrence Market(セントローレンス・マーケット)」は、魚介から肉や野菜まで、地元で採れた新鮮な食材が揃い、フードコートのようなスタイルで世界中の料理を楽しめます。ショルダーベーコンにコーンミールをつけたカナダの名物料理「ピーミール・ベーコン」もぜひお試しあれ。

高級ショッピングエリアとして人気のYORKVILL(ヨークヴィル)にある老舗のレストラン「Sassafranz(100 Cumberland St, Toronto)」。
白を基調とした店内は外光が降り注いで開放的。平日は近所の常連客で賑わう。
新鮮な地元の食材を楽しめるフレンチベースのカディアンキュイジーヌが自慢。
2016年10月にイートン・センターにオープンした「lena176 Yonge St, Toronto)」。南アメリカ料理が人気のレストランだ。
アンティークとポップが混ざった店内は細部のディティールまで計算されている。
シェフのAnthony Walsh氏の母親がアルゼンチン出身で、アルゼンチンの影響を受けた料理が楽しめる。
南米系の煮込み料理も実に洗練された味わい。スパイスの風味が絶妙。他にはボリューム感あふれたハンバーガーなども人気。
トロント大学とリトルイタリーの間にある「Piano Piano(88 Harbord St, Toronto)」。キッチュなファサードが目印。
店内はゴシック風の壁紙とモダンな装飾が調和し、落ち着いた雰囲気を作っている。
店名はイタリア語だが、英語だと「Slowly, Slowly(ゆっくり、ゆっくり)」という意味だとか。メニューにはシェフが込めた想いが綴られる。
メニューはオーソドックスなイタリア料理をベースとしながらも、アレンジが独創的。
TD Bank Towerにある「canoe(66 Wellington St. W, TD Bank Tower, 54th Floor, Toronto)」。54階から眺める景色に食事も会話も弾む。
ニューヨークからも常連客が訪れるほどの人気店。内装もスタッフのユニフォームも実にスタイリッシュ。
シェフが生産者から直接仕入れた素材で作り上げられるコンテンポラリー・カナディアン・キュイジーヌ。素材を活かした一皿は絶品。
King駅の近くにある「St. Lawrence Market(93 Front St E, Toronto)」。地元の台所であり、観光名所にもなっている。
世界中のローカルフードが一堂に集まり、見ているだけでも楽しめる。どれも実に美味しそう。
カナダの名物スナック「ピーミール・ベーコン」が食べたければ、センター通りとマーケット通りの角にある「Carousel Bakery」がおすすめ。

盛り上がるトロント・ファッション

YORKVILL(ヨークヴィル)のブロア・ストリートを中心に、トロントではハイブランドからトロント発祥のベンチャーブランドまで勢いが増しています。もともとカナダ発のブランドはいくつもありますが、ここ数年は特にローカルブランドが盛り上がっている様子。その背景には、最近の世界情勢によってさまざまな国から多くのクリエイターやデザイナーが安全なトロントを目指して移り住んできたことが挙げられます。彼らに影響を受けたことでトレンドやハイファッションに関心を持つ若者も増え、最近では新作のスニーカーを求めて朝からお店に並ぶ姿も目にします。

また、このトレンドは若者だけではないようです。プレミアブランドの路面店が増えている背景には、世界中の投資家やIT事業による富裕層が近年、著しく増加したことが挙げられます。一方で、もともとヨット遊びやアウトドアアクティビティが盛んな上に、北米でも有数のビジネス街、金融街として知られたトロント。空前の好景気が押し寄せたことで、高級車や高級ブランドに身を包む人たちが急増しています。思いおもいのファッションを楽しんでいる様子は、見ているこちらまで楽しくなってきます。

トロント・ファッションの中心地「YORKVILLE」エリア。イートン・センターのようなモール型ではなく、個性的な路面店が数多く集まっています。

YORKVILLEを象徴するのが2007年にオープンした「Hazelton Hotel Toronto 」。トロントで初めて5星を獲得し、上層階のコンドミニアムにはセレブリティが多く住んでいます。
シンプルなシルエットと上品なカラーリングのシャツが特徴の「PINK TARTAN」。
オーナーデザイナーのキンバリーは元々メンズ出身で、ご主人はクラブ・モナコのオーナー。素材とカラーリングを生かしたシャツを中心に、女性を楽しくするアイテムを提案しています。
今期はヴィンテージアイテムとシャツとのミックススタイルを提案。クラシックなデザインにインスピレーションを受けたアイテムなども飾られています。
カナダで17店舗を展開しているメンズ向け高級セレクトショップ「HARRY ROSEN」。
店内を案内してくれたロベルトは、欲しいものだけでなく、スタイリングも手伝ってくれるコンシェルジュ。トロントのファッション初心者の強い味方だ。
GALAパーティなども開催されることが多いトロントでは、ドレスコードに合わせてビシッと決めるのがかっこいいスタイルとされています。映画祭のたびに訪れるセレブリティも多い。
カルティエの隣にあるのがカシミアブランドの「black goat」。
2015年にスタートしたばかりのバンクーバー発のカナダブランドで、モンゴル産の最上級カシミアを使用している。鮮やかな発色が特徴です。
モンゴルへは毎年、春に出かけ、現地で直接カシミアを調達しているそうです。
羽のように軽いストールでも、保温はウールの8倍とか。繊細な織り柄も美しい高級品です。
複合施設の「YORKVILLE VILLAGE」は、トロントに本社を置くファーストキャピタルリアリティが運営。
ファッション、アート、フード、フィットネスなど、地域住民の交流の場を目指しており、モノよりライフスタイルを提案する「カルチャーハウス」を理想としていると言います。
セレクトショップ「TNT」。TNTは「THE NEW TREND」の略で、最新のトレンドを集めています。街全体が、新しいトレンドを求めていることを実感します。
トロントも今では大変な健康ブーム。「EQUINOX」は、カウンセリングからパーソナルトレーニング、食事まで、総合的に体の調子を管理してくれる。
歩道の奥で工事をしているのはBloor St.に新しくオープンするエルメスの旗艦店。
Bloor St.周辺にはハイブランドの路面店が続々と出店している。

家族で過ごすテーマパーク「ナイアガラの滝」

トロントから日帰りで行ける観光名所として「ナイアガラの滝」があります。様々な映画の舞台にも使われる名瀑布ですが、最近ではアスレチックアトラクションが人気です。2016年7月にオープンした「Mist Rider Zipline to the Falls」は、連日売り切れの人気ぶり。ナイアガラに向かって空中を滑走する爽快感は、一度やったら病みつきになりそうです。こうした人気を受けて、2017年5月には 「Whirpool Adventure Course」もオープン。こちらは体を命綱に繋いで遊ぶアスレチックジム。今後もこうしたアクティビティが充実することで、家族で過ごすテーマパークとなりそうです。

また、周辺にはゴルフ場も多く、週末にはたくさんのゴルファーも見かけます。2000年のカナディアン・オープンでタイガー・ウッズが劇的な優勝を飾った「グレン・アビー・ゴルフ・クラブ」も、ゴルファーの聖地として知られています。ほかにもロードバイクでサイクリングを楽しむ人たちや、公園でピクニックを楽しむ家族など、自然と触れ合うスポットとしても人気です。

ナイアガラに向かって飛び出す開放感は、見ているだけでも爽快。体験したくてずうずしてきます。
滝壺ではすさまじい爆音と爆風、そして嵐のような水しぶき。そんな中、滝壺で失神する魚を狙って飛び回る鳥の逞しさには、感動すら覚えます。
ナイアガラの滝周辺では美味しい野菜が採れるそうで、レストランの食材も充実しています。
1961年創業の「ナイアガラ ヘリコプターズ」では、ベル社のヘリと熟練したパイロットによるナイアガラの滝上空の遊覧ツアーを実施しています。
上空から眺めると、改めてその大きさと滝の迫力を実感します。
「ワイヤープール」は子供から大人まで真剣に楽しめるアスレチック。いま、ナイアガラ周辺ではこうしたアクティビティに人気が集まっています。
ナイアガラ周辺には、自然と触れ合う遊びを楽しむ人たちがたくさん集まっています。

世界中のワインを楽しめる「ナイアガラ・オン・ザ・レイク」

ナイアガラの滝からトロントまでの間にあるのが、ナイアガラ・オン・ザ・レイク。広大なブドウ畑と高級別荘地の広がるこのエリアには、30軒ものワイナリーがあり、ワイン好きにはたまらない場所と言えます。今回取材した「Chateau Des Charmes(シャトー・デ・シャーム)」は、フレンチ・アルジェリアのポール・ボスクさんによるこだわり抜いたワインづくりが評判です。ポールさんはブルゴーニュ大学でワイン造りを学び、この地でフランスの伝統的なワイン造りを実践しています。日本語によるパブリックツアーも用意しているので、ワイン好きには貴重な体験になることでしょう。

カナダと言えばアイスワインが有名ですが、ほかにもテロワール(土地の風味)を生かした上質なワインがたくさん作られています。小規模で丁寧な作りにこだわるワイナリーが多いため、日本まで輸出されるワインは少ないようですが、環境や持続性に配慮した最先端の醸造技術は世界からも注目されています。フランス系ワインのすぐそばにはイタリア系移民のオーナーが経営するワイナリーがあり、その近くにはドイツ系のワインを作るワイナリーが……といった具合に、この地のワイン文化は移民たちによって作られたものなのです。ある意味、移民による多様性の恩恵を最も受けている場所と言えるかもしれません。

ナイアガラから続く「York Road」を進むと、美しいワイン畑の向こうにシャトーが見えてくる。
シャトーに着くと、たまたま結婚式を挙げている家族に遭遇。式場としても提供しているようで、ブドウ畑でウエディングパーティが行われるという。
ワイナリーを案内してくれた松本有奈さん。生産方法はもちろん、畑の違いからヴィンテージ(生産年)の特徴まで、わかりやすく丁寧に教えてくれる。
Chateau Des Charmesで使われるオーク樽は、全てフランスで作られ、この地ヘ運ばれてくるという。
写真がオーナーのポール・ボスクさん。1960年代にカナダへ渡り、15年間にわたって理想の場所を探し、この場所でワイン造りを始めた。
テイスティングはシャトーの部屋で。ブドウの栽培エリアやワインの仕込み方、ブレンドの方法などでラベルの色を分けている。
ツアーはフランス語と英語以外に、日本語でも行われている。
柔らかな光に包まれた美しいシャトーに、思わずため息がもれる。シャトーの裏側にブドウ畑が広がる。
シャトーの向かいにはポール・ボスクさんの自宅が建つ。こちらも実に上品で立派な佇まい。
この景色を眺めながら飲むワインの実に美味しいこと。

街全体がテーマパーク

ヒッピー文化が色濃く残る「Kensington Market(ケンジントンマーケット)」では、ジャズバーやライブハウスが盛り上がっています。また「アート+デザイン・ディストリクト」の別名を持つ「ウエスト・クイーン・ウエスト」では、アートイベントやワークショップが頻繁に開催されています。一方で、クラブミュージック好きは「Drake Hotel」のクラブ「Underground」をはじめ、クイーン・ストリート・ウェスト周辺のクラブに集まります。

春から夏にかけてベストシーズンを迎えるトロントでは、短い夏をめいっぱい楽しむために街中でイベントが開催されます。音楽イベントやアートイベントなどはもちろん、歴史的な建造物内部など普段は一般公開されていない場所を解放するイベント「Doors Open」など、興味深いイベントが盛りだくさん。公園ではヨガやランニング、自転車などのスポーツイベントも開催され、週末ともなると街自体がテーマパークのような賑わいを見せます。

映画の「ナイトミュージアム」さながらに、ロイヤル・オンタリオ博物館がクラブに変身する「Friday Night Live ROM(#FNLROM)」。
ボヘミアンスタイルのこのホテルは「Drake Hotel」。クリエイティブな雰囲気に人気があります。
バーエリア、クラブ、ラウンジでそれぞれ集まる客層が違うのが興味深い。写真はルーフトップで、比較的年齢の高いグループで賑わう。
クイーン・ストリート・ウェスト周辺は、クラブに並ぶ若者で溢れている。
こちらは「Kensington Market」のシンボル「GARDENCAR」。観光客がハッシュタグをつけてSNSに投稿している。
ストリートミュージシャンは街のあちこちで見かける。クオリティは様々だが、ユニークなパフォーマンスは見ていて飽きない。
若手のジャズミュージシャンが集う「CBS MEMORUNDUM」。
ノーブルな雰囲気が心地よいYorkvilleの「The Oxley」。自分の好みのお店を見つけたい。
Scotibank CONTACT PHOTOGRAPHY FESTIVALの開催中にキング・ストリート・ウェストに展示されていたトロント出身のフォトグラファー、Petra Collinsの作品「Jackie and Anna」。
公園ではスポーツ系のイベントも多く、公共の場にBMXの練習コースなどが用意されている。それぞれがやりたいことを認め合っている雰囲気が心地よい。

自由でクリエイティブな風土が多様な表情を作る

世界でも最も暮らしやすい街の一つとして挙げられるトロント。街を歩けば、多様な言語とライフスタイルが混ざりながら、住民たちが心から暮らしをエンジョイしている様子が伺えます。ビクトリア様式の住宅が残るローズデールやフォーレストヒル、摩天楼の金融街、ヒッピー文化が色濃く残るケンジントン・マーケット、新陳代謝が激しいウエスト・クイーン・ウエストなどなど、コンパクトで動きやすい街ながら、実に多様な表情を見せています。

また、近年ではAI立国を目指すカナダ。トロントはその最先端を行くと言われ、Googleはモントリオールに次いで2番目のAI研究施設をトロントに開設すると発表しました。その昔、インシュリンの発見によって世界に貢献したトロント大学は、今度はAIで世界を驚かせることになりそうです。こうしたクリエイティブな発想が、自由でオープンな風土を育んでいると言えそうです。それとも、自由でオープンだからクリエイティブなのでしょうか。見所の多いトロントですが、今後はこうした最先端のIT産業で脚光をあびることになるかもしれません。建国150年の節目を迎えてますます盛り上がるトロント。住みやすく風通しの良い街として人気を集める街の魅力を、ぜひご自身で確かめてみてはいかがでしょうか。

オンタリオ湖沿いに建設された都市実験エリア「Quayside」。この街で受け入れられた技術やサービスは、やがて世界中に広まることでしょう。

ジョガー、サイクリスト、車椅子は車道とは別に専用ゾーンでアクティビティを楽しむ。多様性を受け入れる姿勢に感動さえ覚える。
自動車のマークに数字が書かれてるこの標識は、3人以上が乗車している車だけ走行できる優先レーンを示している。乗り合いを推奨し、渋滞緩和に貢献しているとのこと。実に合理的な仕組みだ。
滞在中に訪れた劇場「Princess of Wales Theatre」では、介助犬を連れて鑑賞できるスペースも。
取材時はドッグショーの開催期間で、ホテルにはペットを連れた愛犬家がたくさん。宿泊していた「インターコンチネンタル トロント ヨークヴィル」もペットを連れて泊まれたことに驚く。
トロントでは地下鉄などにはリードだけで乗車できるが、カフェなどではテラス席でもパティオの外に繋がなければいけない。この辺りのルールは日本より厳しいようだ。
地価が高騰しているため新しいコンドミニアムでもバルコニーは狭い。そのぶん窓を大きくして少しでも日光を取り入れている。そのため、道路から部屋が丸見えだが、住民は特に気にしないという。
●トロントの最新情報
ツーリズムトロント(英語)
http://www.seetorontonow.com

トロント政府観光局(日本語)
http://seetorontonow.jp/

※英語版と日本語版では一部内容が異なります。最新情報は英語版をご確認ください。

●読者プレゼントのお知らせ
エントリー期間中、セゾンカード・UCカードを1,000円(税込)以上ご利用のうえエントリーいただいた方の中から抽選で3名様に、ナイアガラ・オン・ザ・レイクのワイナリー「シャトー・デ・シャーム・ワイナリー」のワイン3本セット(赤・白・アイスワイン)をプレゼントいたします。

〈詳細〉
・白ワイン/2015 BARREL FERMENTED CHARDONNAY(2015 シャルドネ バレル発酵)750ml
・赤ワイン/2015 Gamay Noir ‘Droit’(2015 ガメイ ノア ドア)750ml
・アイスワイン/2015 Vidal ICEWINE(2015 ビダル アイスワイン)200ml

エントリー期間:2017年7月14日(金)〜2017年8月25日(金)

※当選者の発表は、賞品の発送(2017年9月中)をもってかえさせていただきます。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されております。未成年の方のエントリーはご遠慮ください。

エントリーキーワード/トロント
エントリーはこちら