パリ発信のドライカット!六本木ヒルズ店がリニューアルオープン Massato Paris(マサト パリ) 男女を問わず全ての美容サービスに使える無料体験チケット(5,000円分)を5名様にプレゼント

新装なったヘアサロン「マサト パリ六本木ヒルズ」。

パリに3つのヘアサロンを構えてパリっ子に大人気のヘアメイクアップアーティスト、マサト氏。その六本木ヒルズ店が開業15周年を迎えて全面改装、この6月にリニューアルオープンした。”パリ発信のドライカット”で、パリの風を感じさせるマサト パリ。新装なったサロンで、プロフェッショナルたちが顧客の希望を叶えるために待っている!

六本木ヒルズのレジデンスエリア、六本木けやき坂通り3階に位置している。

白を基調にリニューアル

完成までに17年の歳月を要したという六本木ヒルズ。2003年4月に開業したときは、余りの規模の大きさにセンセーションを巻き起こした。その開業と同時にオープンしたのがヘアサロン「マサト パリ」。六本木けやき坂通りのレジデンスエリア3階に位置するサロンは、路面店のような雰囲気を持ち、当時、独特の色使いのスタイリッシュな装いから “パリモダンの到来”と謳われた。以来、多くのセレブに親しまれており、開業15周年を機に全面リニューアル、白を基調としたレジデンス風の居心地の良いサロンに生まれ変わっている。

レセプションエリアも白をベースにした清潔感溢れるデザイン。
ウエイティングスペースもホワイトが基調。家具調度などもすべて一新した。
明るく開放的な雰囲気のサロン。
奥はシャンプーやカラーリングのスペース。
プロ仕様のカラーチャートがずらり。

植村 秀氏との出会い

ヘアサロン「マサト パリ」は、パリで活躍するマサト(伊藤正人)氏と、化粧品づくりに勤しんだウエムラファミリーの総帥であり、世界的なメイクアップアーティストとしても知られる植村 秀氏との出会いによって生まれた。当時、VOGUE誌などを舞台に、シーズンごとにメイクアップモードを発表していた植村 秀氏は、マサト氏と出会って意気投合、ヘアスタイリングとメイクアップをバランスよく提案する本格的な「髪と顔を創るサロン」を作ろうと東京・青山にヘア&フェイス・サロンをオープンしたのが最初だった。その後、六本木ヒルズの開業に伴って移転、今回のリニューアルオープンに至っている。

世界的なメイクアップアーティストであり、化粧品メーカー「shu uemura」の創業者としても知られる故・植村 秀氏。

仏のマスメディアに登場

青森県出身のマサト氏は、地元の美容学校を卒業後、東京を素通りして22歳で単身フランスに渡っている。さらに現地の美容学校で技術を学ぶかたわらフランス語学校にも通い、ジャン・ルイ・デイビットやアニマティスなど、一流のサロンで経験を積んでいる。特に「VOGUEやELLE、marie claireといったファッション誌で仕事をしたのが感覚を磨く上でとても役に立った」というように、雑誌やTVなどのマスメディアに登場して自らのスタイルをアピール、多くのファンを獲得していったという。1993年にパリ7区のラスパイユ通りに旗艦店を持ち、現在ではパリに3店舗を展開、マサト氏は“フランスで最も著名な日本人の一人”とまで言われるようになっている。

パリ在住40年。毎年、春と秋の2回は必ず来日するマサト氏。そのつどスタッフに最新の技術をレクチャーしている。

ハサミ一つで髪にボリューム

マサト パリの最大の特徴はカット。「カットさえよければ、よけいなブローはいらなくなる」というのがマサト氏の持論。濡れた状態で60%ほどカット(荒削り)し、次いで乾かした状態で残りをカット。片手で髪をつまみ、パラパラと落としながら立体的にカットを繰り返す様子は、さながら彫刻作品をつくるかのよう。「髪のクセと生え方の方向をよく見極めて、自然に流れるようなスタイルをつくっていくのがここのやり方」とマサト氏。ハサミ一つで髪にボリュームを生み出す技術は、見事と言うほかない。

若いスタッフが多く、技術の吸収も早い。英語を話せるスタッフもいるので、海外からのお客さんも多い。

男性客にも人気

カラーリングにも定評がある。特に、複数のカラーを組み合わせてカラーリングを施す場合、仕上がりがどのようになるのか、丁寧なカウンセリングに応じてもらえる。メイクアップや眉カットは、故・植村 秀氏の理念「ビアンネートル(Bien-etre、幸福感)」に基づいて、その人の特徴を生かしつつ個性を際立たせる無理のない手法。さらに、TPOに合わせて創る髪と顔のイメージは、エレガントやスタイリッシュを組み合わせて仕上げる多種多様なスタイリング。土地柄から、男性客や外国人客も多く訪れるが、中でも最近人気のメニューが眉カットとヘッドスパ。女性のみならず、むしろ若い男性客から中高年の男性客までリピーターが多く、身だしなみに気を遣う美容の意識の高い顧客が増えてきているようだ。

使用している化粧品はUTOWAを中心に、美容院向けのプロ仕様のものがほとんど。
ヘアケア用品も、髪質に合わせて多彩な製品が用意されている。
外光を取り入れて、日常の明かりの下でカラーリングやメイクを施す。
インテリアはロココ調。ロココのスピリッツは“生きる歓び”を感じさせること。気分が浮き立ってくる。
レジデンスエリアにあるので緑は濃い。通りを隔てた向かいはグランドハイアット東京。
女優さんや著名人などのVIPも多いので個室を用意。静かな環境でトリートメントを受けられる。

“パリの風”を感じられるサロン

マサト パリのオーナーは故・植村 秀氏の子息、植村 浩氏。植村 秀氏の事業を受け継ぐだけでなく、自らもさまざまな事業を手がけるアントレプレナー(Entrepreneur、起業家)でもある。「マサト氏は父の大切なパートナー。技術や考え方を吸収するだけでなく、その人柄をも反映させられるように、暖かな雰囲気の店作りを心がけたい」と植村 浩氏。スタッフをパリに送るだけでなく、マサト氏を招いて講習会を開催、“パリの風”を吹き込むことに余念がない。場所柄、敷居が高いと思われがちだが、親しみやすさにも配慮している。

「髪を整えると気分が大きく変わります。ぜひ気軽に立ち寄ってみてください」と植村 浩氏。シンプルかつエレガントな店づくりに取り組んできた。

●マサト パリ六本木ヒルズへの問い合わせ
Tel. 03-5775-2122
http://www.massato-paris.jp/
●読者プレゼントのお知らせ
読者プレゼントにエントリーいただいた方の中から抽選で5名様に、マサト パリの全ての美容サービスに使える無料体験チケット(5,000円分)をプレゼントいたします。

〈詳細〉
マサト パリ無料体験チケット(5,000円分)
・使用可能店舗:マサト パリ 六本木ヒルズ店
・店内のすべての美容サービスにご使用いただけます。メニューを組み合わせた場合でもご使用いただけます。(例:眉カット+ヘアトリートメントの2メニュー組み合わせでもチケット使用可能。)
・お釣りはでませんので、ご了承ください。
・チケット有効期間:2018年10月〜2019年3月までの6カ月間

エントリー期間:2018年7月17日(火)〜2018年8月27日(月)

※応募資格:エントリー期間中に、セゾンカードを1,000円(税込)以上ご利用いただいた方。
※当選者の発表は、賞品の発送(2018年9月中)をもってかえさせていただきます。
※(株)クレディセゾンが実施するほかのキャンペーンとの重複当選はございません。

エントリーキーワード/マサトパリ
エントリーはこちら